平成3年(1991年)卒業後、十年余に渡り外科医、特に消化器外科を中心に手術、周術期管理、化学療法、あるいは終末期医療に携わってきました。その後、大阪大学の高度救命救急センターでの研修を経て、平成15年に諏訪赤十字病院へ移り、救命救急センターの立ち上げと発展に努めてきました。今まで外科や救急の現場でさまざまな疾患や患者さまに向き合ってきた経験を活かして、フットワークのよい地域のかかりつけ医を目指したいと考えております。診察して、必要な検査と初期治療を行い、必要があれば高度な医療機関(諏訪赤十字病院など)を紹介します。また、今後増えていくことが予測される終の棲家としての高齢者住宅や在宅医療にも力を入れていきたいと考えております。中心静脈栄養や、人工呼吸管理等の重症患者さまが、在宅医療を望む場合でも対応可能です。
地域の皆さまと共に、私も日々努力を重ね、成長して参りたいと思っております。
よろしくお願い申し上げます。

  • 長野県 長野高等学校卒業
  • 富山医科薬科大学 卒業
  • 信州大学 第二外科入局
  • 富士見高原病院 外科
  • ベイラー医科大学(テキサス州ヒューストン)外科学教室留学
  • 大阪大学 高度救命救急センター
  • 諏訪赤十字病院 第1外科副部長
  • 同 救命救急センター長
  • やざわ虎クリニック開業

  • 日本救急医学会指導医・専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本プライマリーケア学会指導医・専門医
  • H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • スポーツドクター
  • 日本抗加齢医学会専門医